赤本以外に高く売れるのは?青本や黒本はどうなの?

 

大学入試問題集は赤本が特に人気が高いので、買取価格も高くなりやすいですが、その他の物はどうなのでしょうか。

 

一般的に青本や黒本、緑本などの買取について調べてみました。

 

 

各問題集の特徴と買取評価

白本

  • 買取価格:

白本は代々木ゼミナールが出版しているセンター試験用の問題集です。

 

予備校としては知名度も高く人気の代々木ゼミナールですが、白本に関してはそこまで評判が良いわけではなく、人気があるわけではありません。

 

買取価格もあまり期待出来るものではありません。

 

緑本

  • 買取価格:

緑本はCMでもよく耳にするZ会が出版しているセンター試験用の問題集です。

 

こちらも白本と同じくセンター試験用の問題集ですが、若干白本よりは人気があるものの、こちらもそこまで高くはなりにくい部類です。

 

理由としては、元々の定価自体が低めということが大きいようです。

 

紫本

  • 買取価格:

紫本は河合塾が出版している国立大学用の入試問題集です。

 

東大、京大、名大、広大、九大などの難関大の入試対策用になっていて、偏差値の高い大学を狙うなら持っておきたい問題集。

 

赤本などに比べて幅広い支持があるわけではありませんが、ニッチな需要がある分、そこそこの価格で買い取ってもらえることが多いです。

 

黒本

  • 買取価格:

黒本は紫本と同じ河合塾が出版しているセンター試験用の問題集です。

 

センター試験用の問題集の中では1番人気が高く、同じセンター試験用の白本や緑本に比べて買取価格も高くなりやすくなっています。

 

赤本に引けを取らないほど高く買い取ってもらえるので、使用後は大切に保管しておき、使い終わったら早めに査定してもらいましょう。

 

青本

  • 買取価格:

青本は駿台予備校が出版する大学入試問題集で、国公立など大学別の問題集や、センター試験用の問題集など幅広く取り扱っていて、赤本に次いで人気です。

 

赤本の方が人気は高いものの、こちらも人気は非常に高く定価自体も高いので、赤本と同じくらいの買取価格を期待出来ます。

 

場所によっては青本の方が高く売れることもあるので、使い終わったら早めに買い取ってもらいましょう。

 

赤本以外にも高く売れる物は多い

入試問題集の中でも赤本は特に人気が高い分、一番高く売れる可能性は高いですが、青本や黒本も十分高く買い取ってもらえることが多いです。

 

大学入試問題集に関しては赤本と青本が人気なので、それと比べると紫本は若干買取価格は落ちます。

 

ただ、紫本はニッチな需要がある分、お店や時期によっては他よりも高く買い取ってくれることもあります。

 

センター試験問題集に関しては黒本が圧倒的に人気が高いので、白本や緑本は少し安くなってしまうかと思います。

 

ただ、まとめて売ることで査定金額がプラスされる場合もあるので、赤本や青本と一緒に査定に出すことでお得になることもあります。

 

ご参考までに。

ページの先頭へ戻る